ホームページビルダー14・13・12・11 使い方解説


新しいウィンドウを指定した位置に指定した大きさで開く方法を解説します。
小さい写真をクリックして大きな写真を表示する時など、観覧する時に邪魔にならない大きさ、位地に出来ますので便利です。

新しい(別)ウィンドウ その2

テキストリンク サンプル
この場合はビルダーの機能は使用しません。以下のタグを<HEAD></HEAD>間に挿入します。
意味は、ウィンドウサイズwidth=幅 height=高さ top=上からの位地 left=左からの位地(右からの位地は不可)
位地やサイズはサイトに合わせて書き換えてください。
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function openwin() {
window.open("http://hpb.web-creation.info/newwindow.html", "", "scrollbars=yes,width=550,height=550,top=20,left=20");
}
//-->
</SCRIPT>
青字の部分はリンク先のURLですので必ず書き換えてください。ご自身の同一サイト内であればhttpからではなくファイル名でもかまいませんが、ファイルの位置関係をビルダーが示せない場合、プレビュー画面で何々が見つかりませんというエラーが出る場合があります。その場合でもブラウザでは正常に作動しますが、うっとうしいようでしたらhttp://から記述して下さい。
サイズを指定する場合は、リンク先のページサイズ(表のサイズ)に多少の余裕を持たせた数値にしてください。
スクロールバーがまったく必要ないときはscrollbars=yes,を削除してもかまいません。
次にリンクテキスト部分のタグを以下のように記述します。
<A href="javascript:openwin();">テキスト</A> これで終了です。
ソース画面を開き、下記をボタンを表示したい部分に直接記述します。
<INPUT type="button" onclick="javascript:openwin()" value="OPEN">
新しいウィンドウで開く
画像にリンクをはる時と同じです。リンク先アドレス欄に javascript:openwin() と記述してください。
閉じるのリンクはNEWページのソースを参考にしてください。
ページTOP


| 各種リンクの設定 | テキストリンク | リンク装飾 | 画像にリンク | 実用リンク | ウィンドウ操作1 | ウィンドウ操作2 |


Copyright (C) 2004 Web-Creation All Rights Reserved.
四角形でで選択 多角形で選択