ホームページビルダー14・13・12・11 使い方解説



テキストリンクとは、テキストの任意の部分をクリックした時に、別のページへジャンプる目印のようなもので、ナビゲーションとも言われ非常に大切なものです。アンカーテキストとも呼ばれています。
リンクは全て<a href="">文字</a>という言語で記述されます。

テキストリンクの作成方法
文章にリンクを挿入するにはリンクさせる文字の先頭にカーソルを置き、クリックしたまま文字の後部までドラッグし反転表示させます。
次に、リンクの挿入ボタンを押すか、その場で右クリックをし、「リンクの挿入」へ行きます。
リンクの挿入ボタンは です
リンクの挿入の際、「URLへ」という欄がありますが、基本的にはファイルへでもURLへでも、どちらにリンク先を入力しても同じです。URLへではダウンメニューでこのページ内で使用したリンクの履歴を選択できます。
ここでファイル名(index.htmlとか)を入力するか、参照ボタン(下の図)で現在保存されているファイルを選択してください。参照ボタンで入力すると何やら不可解なfile:///C:/ProgramFiles/ffftp//・・・.htmlとなりますが、これは、ビルダーがパソコンの中でのファイルの位置関係を認識しているのでこのままでOK。保存すれば消えます。
※リンク先を別のウィンドウで表示したい場合は、「ターゲット」にて新しいウィンドウを選択してください。別ウィンドウでの応用、注意はウィンドウの操作を参照してください。
テキストリンクの基本
テキストリンクでは、タグやスタイルシートで色々な設定が出来ますが、出来るだけ基本に沿ったリンクにしてください。基本に沿ったリンクと、はビルダーの初期設定でもあり「yahoo」「Google」などの設定です。訪問者の方々もこの設定に慣れているという事だと思います。サイトのデザイン上変更する事は有ると思いますが、あくまでも訪問してくれた方々に対する配慮という事で考えてください。
リンクの文字の色 リンク文字 この文字にリンクが設定されていますという目印
リンクのアンダーライン リンク文字 上記同様
訪問済みのリンクの色 リンク文字 過去にこのリンク先へ行きました。という色
テキストリンクの強調(装飾)
リンクに触れると太字になる このページのTOPへ
リンクに触れると斜体になる このページのTOPへ
リンクに触れるとカーソルが変化する このページのTOPへ
リンクに触れるとアンダーライン このページのTOP
目立たせるには良いかも・・レイアウトは崩れますよ。
同じく。
素材屋さんなどのサイトでよく見かけますね。
デザイン的に初期には出したくない場合などあります。
これらの強調はスタイルシートで設定できます。「リンクの装飾」を参考にしてください。


| 各種リンクの設定 | テキストリンク | リンクの装飾 | 画像のリンク | 実用リンク | ウィンドウ操作1 | ウィンドウ操作2 |
四角形でで選択 多角形で選択

Copyright (C) 2004 Web-Creation All Rights Reserved.