ホームページビルダー15・14・13・12 使い方解説


ここでも個人の好みや、ページの趣旨によって設定はさまざまだと思いますが、文字の大きさ同様比較的読みやすい行間と文字間の設定を解説します。
行間/文字間の設定(ページ全体) 前のページへ戻る
行間/文字間大きさを設定する単位は文字の大きさ同様、ピクセル、ポイントなど色々とあります。行間では文字の大きさに合わせて行間が変化する%を、文字間ではわかり易いポイントで解説します。
@前ページ(文字の大きさ) でレイアウトを選択します。
A行間のダウンメニューからパーセントを選択します。

B左の値メニューに120と入力します。

C文字間も同様ダウンメニューからピクセル又はポイントを選択します。

D値は1〜2で試してください。

Eこれで、文字の大きさ、行間、文字間の設定は終了です。
上の様に文字が多くなる場合は適度な大きさと感覚が必要です。読む人の身になって考えてあげると良いと思います。
個別に値を設定する
 個別に値を設定するには表又はセルを選択(表の場合は表の外を、セルの場合は表の中)し右クリックします。「スタイルの設定」を選択します。表を選択したときは左図のタグに「TABLE」、セルを選択したときは「TD」となります。左図の編集はページ全体右図の編集は選択した表又はセルのみ編集されます。
■実際には左、右図は縦になっています。
ここでは個別ですので右図の編集を選択し編集画面を開きます。
スタイルの設定画面が表示されますので、文字の大きさは【フォント】、行間/文字間は【文字のレイアウト】みて、今まで同様の作業で設定してください。

個別の設定で、大きさ11ポイント、行間120%、文字間1ピクセルを設定してください。
HTMLソースを確認してみてください。設定した文字の前に↓のような記述がされているはずです。
<TD style="line-height : 120%;letter-spacing : 1px;font-size : 11pt;">ここが文章 

END
このように、スタイルシートで全体に設定しても、全体の設定を無視し、個々のセルや文字に対し個別に設定できます。

| 挿入編 | 文字の設定T | 文字の設定U | 表の作成/設定 | 画像の挿入 |

Copyright (C) 2004 Web-Creation All Rights Reserved.