ホームページビルダー14・13・12・11の使い方解説


ホームページを装飾する方法のひとつにFlashというアプリケーションを使用する方法があります。左のようなものです。バナーなど人目を引きたい場合などに適していますが、全ての方が必ず見れるというものではありませんので多様は禁物です。
※Flashアニメーションを見るには「FlashPlayer」というものが必要となります。こちらでダウンロードできます

フラッシュを用意する
必要ヶ所を書き換える
表示したいファイルに埋め込む
ファイルの挿入
確認画面
挿入後の処理
プレビュー
その他のFLASH素材
Welcome素材
1. Flower
2. イルカ
3. 海の夕暮れ 
その他
3. 花火フラッシュ
オーダー確認
始めにフリーのフラッシュ配布サイトなどからファイルをダウンロードします。(解凍が必要です)通常は○○.swfという拡張子が付きます。
ご自身で作成したい方は、
当サイトで使用しているソフトはFlash Maker2ですが、今は
Flash Maker 3 for Windows ガイドブック付き が出ています。
アドビのFlash8などに比べると凝ったものは作成できませんが、操作も簡単ですし、自サイトで使用するなら十分楽しめます。

解凍したファイルは表示したいファイル(・・・・html)と同じディレクトリの中に入れるのが基本です。書き換える部分は書き換えてください。(配布サイトの解説に従ってください)
編集画面でフラッシュを表示したいところに表を作成します。(任意ですが、細かな位置を調節する方は必須)
その表の中を選択状態にし、上のメニューの「挿入」→「ファイル」→「Flashファイル」→先ほど保存した「○○.swf」を選択し「開く」をクリックしてください。

挿入した表の中に左のような図が現れます。圧縮されたファイルの場合、ビルダーがサイズを読み込む事が出来ないので、大きさは320×240と指定されていますので、配布先の指定されている大きさに書き換えてください。
この図を選択し右クリック。プロパティ画面の「属性の変更」で書き換えます。

プレビュー画面でアニメーションが再生されているか確認してください。もし再生されない場合は、フラッシュファイルが壊れているかフラッシュプレイヤーがインストールされていない可能性があります。

左のファイルはiruka.zipにてダウンロードできますので試しに挿入してみてください。そのまま使っていただいても結構です。文字の入れ替えは出来ませんのでご了承を。
右クリックで「再生」にてアニメが見れます。↑
サイズ 300px × 75px ダウンロード [iruka.zip]
▲ページのトップ

※Flashアニメーションを見るには「FlashPlayer」というものが必要となります。こちらでダウンロードできます


Copyright (C) 2004 Web-Creation All Rights Reserved.