ホームページビルダー8及びV8解説サイト

ホームページビルダーを学ぼう

ホームページビルダー11・全商品ラインナップ
準備編 デザイン編 挿入編 リンク編 アップロード 付属機能 予備知識 JAVA サイトマップ
FTPツール
ホームページを置くサーバーが決まったら、ページ(サイト)をアップロードしましょう。ビルダーの「ページの公開」からアップする方法と「FTPツール」を使用してアップする方法がありますが、ここでは「FTP」の方が便利かと思われますので紹介します。
FTPツールの起動
編集画面の「ツール」

「FTPツールの起動」

転送先の設定
ファイルの転送を行う為には、プロバイダーやレンタルサーバーとの契約に基づいた設定を行います。


 をクリックしてください。

「サーバープロファイル名」は自分が解る任意の名前を付けてください。(Yahooとか)

「プロバイダの選択」はしてもしなくてもいいです。ダウンリストにあるプロバイダーであれば、下の「FTP」サーバー名も選択する事が出来ます。

「アカウント」と「パスワード」は契約書に基づいて入力してください。

サーバーと接続
転送先の設定が終わりましたら接続します。左側が自分のパソコンです。接続の前でも後でも結構ですので、ダウンリストからホームページの保存フォルダを呼び出してください。ここの例では「マイコンピューター」→「プログラムファイル」→「ffftp」→「ビルダー」この中に保存したファイルが入っています。
「接続」ボタンを押します。設定が正しければ下図のようにサーバー側(右側)の構成が表示され、矢印が青色になります。
自分のファイルをアップロードする際に指定されたフォルダがあるはずですので、そのフォルダをWクリックします。通常は「public_html」か「html」
ページのTOP

各種準備/変更
OCNでは指定が「public_html」ですのでWクリックします。中身は空っぽですので、新しく収納フォルダを作成します。
サーバー側の空欄の所で右クリックします。するとメニューが現れますので、「新しいフォルダの作成」クリックすると下図のフォルダが現れます。

名前は半角英数字でないと作れません。
「builder」と入力します。そして出来上がった「builder」フォルダをWクリックします。

サーバーへファイル転送(アップロード)
後は、作成した「htmlファイル」や、「images」フォルダ等、サーバーへアップロードしたいものを選択し、アップロードボタンを押すだけです。


左(ローカル)と右(ホスト)が同じになりました。これで転送は終了です。
実際にあなたのページへアクセスしてください。この場合のURLは
http://www13.ocn/~ユーザーname/builder/index.html となります。(ユーザーnameは各自異なります)
ページのTOP

| 付属機能 | ウェブアートデザイナー | FTPツール |


Copyright (C) 2004 Web-Creation All Rights Reserved.