ホームページビルダー14・13・12・11 使い方解説

サイトが出来てサーバーにアップロードしたらこれで作成は一旦終了です。勿論コンテンツの更新作業などは先々あります。次はホームページを沢山の方に見てもらう為の作業をしていきましょう。

大切な基本はメタタグを記述する事です。
検索エンジン対策の基本
商用サイトであれば、宣伝広告費の名目でお金をかけてPRする手もありますが、個人用となるとなかなかそこまではしていられないのが現状ではないでしょうか?無料で出来るアクセスアップの方法は色々有りますのでいくつかご紹介してみたいと思います。
検索サイトに登録することとは?
アクセスを向上させるためにまず考えることは、検索サイトに登録することでしょう。これが全てではありませんが、間違いなく向上につながる手段です。しかし、いくら掲載されたといっても、数ページもあるカテゴリーでの上位に表示(2〜3ページ以内)されなければその効果は期待薄です。有名どころといえば「yahoo」「google」などありますが、有名なだけに上位表示は難しいと思いますが、精一杯の努力をしてみましょう。
せめて基本は済ませましょう
基本としてすべきことは、タイトルや紹介文、キーワード、などのMETA情報をきちんとHTMLに記述しておくことが大切であり基本であります。
ページのタイトルを確認する。
「編集」→「ページの属性」の「ページ情報」で「タイトルを」確認。まだ名前を付けていなければ付けます。
キーワードを設定する。
「編集」→「ページの属性」の「メタ情報」にて赤枠の任意な場所をクリックし、選択状態を解除します。(左図)NAMEをポイントし項目に「keywords」と入力し値にキーワードとなる単語(文)を入れます。
ページの概要を記述する。
上と同じくして、項目に「description」値にページの説明文を記述する。
例:アクセスアップのためのMETA情報の記入方法。
特定のページを登録させない。
サーチェンジンはそのままだと「掲示板」や「プロフィール」などのページも検索結果に表示します。もし、拾われたくない場合は上と同じく、項目に「robots」値に「NOINDEX,FOLLOW」と記入します。意味は、「このページは検索表示させないでください。このページからリンクしているページは検索表示してください。」と理解してください。
メタタグの種類はまだいくつかありますが、標準では上記がしっかりとサイトの内容とマッチしていれば良いと思います。HTMLソースを開いて確認してみてください。上の作業がソースに反映しています。

ページのTOP


Copyright (C) 2008 ホームページビルダーを学ぼう All Rights Reserved.